専属料理人

バイキング形式ではなく、料理が毎回提供されるようなところもあります。専属料理人がいて、毎回こだわりの食事が提供されるのです。こういう合宿免許の場合は、その土地の食材を活かしたものが提供されることが多いでしょう。もちろん、栄養面のバランスもしっかり考えられているので、健康面も安心です。合宿免許を取得する時、この食事が合わないとストレスになることも多いでしょう。

サラダだからこそ、近年の施設は専属料理人を持っていて、それらの方がしっかりとメニューを考えてくれるのです。もちろん、そこまで豪勢な料理が出るということはないでしょうが、それでも安心して食べられるものが多いはずです。料理人がしっかりと調理して、あとはそれを食べるだけなので、参加する人にとっては大きなメリットとなるでしょう。食事が美味しいと、毎日の講習も苦になることはありません。そういう快適な時間を過ごせるように、近年の食事のレベルは高くなってきています。

これからもさらに高くなっていくでしょう。合宿免許の食事は今後、料亭で出てくるようなものも多くなってくるかもしれません。それを売りにすれば、より参加する人も増えていく可能性があります。そういう双方の想いも今後関わってきそうです。

〈関連記事〉
ご当地グルメ
バイキング
合宿免許の食事